OHKA HOLDINGS

MESSAGE

代表挨拶

MESSAGE

代表挨拶

私たちOHKA HOLDINGSは、創業以来、「地域の『欲しい』をカタチに。」をコンセプトに、
地域の方々のニーズ、ウォンツを満たすことを一番に考えて、事業を発展させて参りました。

私たちは、仕事は私事でなく、公事として捉えています。
規模の拡大とより多くの利益の取得を目指すのではなく、
地域社会において自分が果たすべき使命と役割を知り、
その上でお客様第一主義の立場に立って、
汗水を流し、知恵を絞り、カタチにしていく。

その結果として、自分自身の成長に繋げて、
少しずつ夢を実現していき、仲間と喜びを分かち合う。

その繰り返しによって今の私たちがあります。

事業領域として、現在では、
不動産事業、コイン事業、外食事業、
米殻卸事業、経営コンサルティング事業などと多岐に渡っていますが、
これらの事業は、始めから計画していたものでなく、
地域に人々の声を聴き続け、働く仲間と共に築き上げてきたものです。
誰一人、プロフェッショナルは存在しない状態からのスタートでした。

「一緒にいる仲間を同志だと思う。」
「仲間が困っているときに助ける。」
「隣にいる人を大事にする。」

これからの想いの延長線上で、地域社会への事業を立ち上げ、発展に繋がっています。

私たちが、このホームページを作成するに至ったのも、
社会にアピールしたい訳ではなく、このような気持ちに共感できる仲間を集めたい。その一心です。

スキルは経験すれば後からついてきますが、
心は後から手に入れることは難しいと考えています。

だからこそ、私たちの想い、心に共感して頂ける方と共に働き、より地域社会への貢献をしていきたいと思っています。

それは、従業員として、取引先として、ユーザーとして、
どんなかたちでも良いので、より良い地域社会を共に創っていきたいのです。

私たちの想いが、地域の一人ひとりの未来へ繋がっていく、
その強い想いを持って、これからも日々あらゆる事業に邁進していく所存です。

今後とも益々なご支援、ご愛好を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

OHKA HOLDINGS代表
中村恭平